ブログ

気が付けば前のブログから1か月。

ちょこちょこ「見てるよー」というご意見をいただきますので、せっかく見に来たのに何も更新されてなかったわとがっかりされないようにブログを書いていこうと思います。

今日のテーマは「何で予約制じゃないのか」です。

せのお動物病院は手術と往診以外は予約制ではありません。

僕自身、予約制の病院とそうじゃない病院、どちらでも勤務した経験があり、「予約制どうですか」というような話も合ったんですが、引継ぎ前に色々考えて、予約制にはしませんでした。

 

理由は単純なんですけど、予約制にすると予約の電話が増えるからです。

インターネット経由で予約を取れるシステムもあるものの、電話予約がやっぱり多い印象があります。

予約の電話を取る時も、カルテを出して、症状などを聞き、どれくらい診察に時間がかかるかなどを計算して、パソコンに予約を打ち込む、それだけの作業が必要になってくるのでそこそこの時間がかかります。

 

電話が増えると例えば診察が終わってさあ今からお会計をしようという時に予約の電話がかかってきて、看護師さんが電話対応することでお会計までの時間が長くなったりしたらちょっと嫌だと思います。

あとは診察のお手伝いが必要な時に看護師さんが電話に出ているから電話が終わるまで待ってくださいねという場面も増えると思います。

結局今すでに病院に来ている人に迷惑がかかるんじゃないかということを思って予約制にはしないようにしました。

 

予約制の方が便利なのに、、、と思っている方には申し訳ありません。

 

ただ、予約制ももちろん悪いことばかりではないですし、人間の病院だと予約制にした方が全体の待ち時間が少なくなるというデータもあるそうです。受付専門の人がいるようなもう少し大きな病院であれば、メリットの方が大きいかもしれません。

 

予約制にしなくても待ち時間がいつも短いかと言われればそうではないですし、病状が重ための人を診ている時はどうしても時間がかかります。

ワクチンや元気ですぐ終わる再診で来たのにめちゃめちゃ待ったよ!ということもあるかもしれません。

カルテが並んで待ち時間が長くなっている時はいつも「すいませんねぇ」と思いながら診察しています。

何卒ご容赦ください。

 

2019年12月15日更新
初めて来院される方へ ドッグマッサージ
各種予防 避妊・去勢 内科・外科手術 ペットドック